メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

  • 大学生らの就職活動は6月に面接が解禁される…

     大学生らの就職活動は6月に面接が解禁される。今年も学生が優位な売り手市場という。企業は人材を囲い込むため、すでに内定を出しているらしい。他社との接触を控えるよ…

    (2017年5月29日 03:34)

  • 競馬は初夏の季語だ…

     競馬は初夏の季語だ。といっても普通は5月5日に京都の上賀茂(かみがも)神社で行われる賀茂競馬(くらべうま)を指す。競い馬とも呼ばれ、2頭の馬が直線コースで速さ…

    (2017年5月28日 03:31)

  • 「おれも力が抜け果てた…

     「おれも力が抜け果てた。これではもう酒ばかりのんで死ぬだろう」。これは鬼平(おにへい)こと長谷川平蔵(はせがわへいぞう)が一向に昇進できぬ塩漬け人事を嘆息した…

    (2017年5月27日 03:54)

  • 「台風」という言葉は一説に…

     「台風」という言葉は一説にギリシャ神話の怪物テュポンに由来するという。この怪物は多数のヘビの顔をもち、そこから炎と恐ろしいほえ声を発した。その振るう力はすさま…

    (2017年5月26日 03:47)

  • 人を説き伏せようという弁論の一つに…

     人を説き伏せようという弁論の一つに「すべりやすい坂」論法というのがある。もしも最初の歯止めを失えば、事態は坂をすべり落ちるように極端な行動を次々に誘発し、重大…

    (2017年5月25日 03:49)

  • アシの笛をもつギリシャ神話の牧神パンは…

     アシの笛をもつギリシャ神話の牧神パンは怒ると、その叫び声によって人や獣の心に恐怖をもたらした。「パニック」という言葉は、パンが巻き起こしたと思われた羊や牛の恐…

    (2017年5月24日 03:31)

  • 「星月夜(ほしづきよ)」とは…

     「星月夜(ほしづきよ)」とは星と月の出ている夜ではない。星の光が月のように明るく見える夜のことである。今や多くの人にとって想像するのも難しかろうが、天文随筆家…

    (2017年5月23日 04:01)

  • 「人気は無論、社会的地位も最高」…

     「人気は無論、社会的地位も最高」。初めて大西洋単独無着陸飛行に成功したリンドバーグのことだ。1931年に夫妻で来日した際、ワシントンの日本大使館が公電で米国内…

    (2017年5月22日 03:33)

  • 明治維新の政争と戦乱で京都は…

     明治維新の政争と戦乱で京都は衰退の危機に陥る。市中は荒れ果て、公家や商人は東京に移り人口は急減した。再興のための人づくりを目的に、日本初の小学校が京都で開校し…

    (2017年5月21日 03:39)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・殺人未遂容疑 「たまたま会って口論」65歳男逮捕
  2. ORICON NEWS 板野友美、男性の好みは中身重視「自信と芯のある人」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. メキシコ 土中に240遺体 麻薬犯罪被害か
  5. 共謀罪 新宿で廃止求める街宣活動

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです