メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

  • 8年前のイグ・ノーベル数学賞は…

     8年前のイグ・ノーベル数学賞はジンバブエ中央銀行総裁が受賞した。「1セントから100兆ジンバブエドルまでの紙幣を印刷し、非常に大きな数にも対処できるトレーニン…

    (2017年11月23日 03:54)

  • 江戸時代の夫婦の離縁状を…

     江戸時代の夫婦の離縁状を「三くだり半」というのはご存じだろう。実はその当時、未婚の男女の関係解消を誓約する文書もあった。法制史家の高木侃(たかぎ・ただし)さん…

    (2017年11月22日 03:46)

  • その昔、サケが川を上ってくる季節に1日漁を休み…

     その昔、サケが川を上ってくる季節に1日漁を休み、酒宴を開いて大騒ぎをする地方があった。その日に「耳ふさぎ餅」という餅をついたともいう。耳にすれば死ぬといわれた…

    (2017年11月21日 03:27)

  • 1人用、1回分に小分けした鍋のつゆ、焼き肉のたれ、ご飯のおとも…

     1人用、1回分に小分けした鍋のつゆ、焼き肉のたれ、ご飯のおとも……。スーパーの棚にいつからこうも増えたのかと驚くほどだ。食卓に「個食」「孤食」と呼ばれる風景が…

    (2017年11月20日 03:42)

  • 目が覚めると水の中にいるように…

     目が覚めると水の中にいるように視界がぼやけた。三野田大翔(ひろと)さん(28)は3年前の朝を思い出す。妊娠中の妻と1歳の息子に囲まれ、ファッションショーや結婚…

    (2017年11月19日 03:29)

  • 「おためごかし」を漢字で書くと…

     「おためごかし」を漢字で書くと「御為倒し」だという。相手のためと見せかけてこかす=あざむくというわけで、たちが悪い。まあ「あなたのためだから……」と猫なで声で…

    (2017年11月18日 03:34)

  • 「深紅の紅葉と深緑が交錯する谷間から上を見上げれば…

     「深紅の紅葉と深緑が交錯する谷間から上を見上げれば、高くそびえる岩壁が青空を切って走っている。確かに日本の美しさは数え上げれば堂々たる大冊の目録となるであろう…

    (2017年11月17日 03:35)

  • 「大きな利点があるが…

     「大きな利点があるが、それが何なのか誰にも分からない事業を運営する会社」。何のことかと思われようが、18世紀の英国にできた会社の名前という。こんな会社に投資を…

    (2017年11月16日 03:56)

  • 平安時代の相撲節に出場した…

     平安時代の相撲節(すまいのせち)に出場した相撲人(すまいびと)・久光の得意技は爪を伸ばして相手をひっかくことだった。だがある時、怒った相手に頭をつかまえられ悶…

    (2017年11月15日 03:46)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  3. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
  4. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」
  5. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです