メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌五輪

原、高木美、高梨 メダル授与式で満面の笑み 

フリースタイルスキー男子モーグルで3位に入りメダル授与式で銅メダルを手にする原大智=メダルプラザで2018年2月13日、宮間俊樹撮影
スピードスケート女子1500メートルで2位に入りメダル授与式で銀メダルを手にする高木美帆=メダルプラザで2018年2月13日、宮間俊樹撮影
スキージャンプ女子ノーマルヒルで3位に入りメダル授与式で銅メダルを手にする高梨沙羅(右)。中央は優勝したマーレン・ルンビ、左は2位のカタリナ・アルトハウス=メダルプラザで2018年2月13日、宮間俊樹撮影

 【平昌(ピョンチャン)・平本泰章】平昌冬季五輪第5日の13日、日本のメダル第1号となったフリースタイルスキー男子モーグル銅メダルの原大智(20)=日大=のほか、スピードスケート女子1500メートル銀メダルの高木美帆(23)=日体大助手、ノルディックスキー・ジャンプ女子銅メダルの高梨沙羅(21)=クラレ=のメダル授与式が行われた。12日にメダルラッシュで日本をわかせた3人は表彰台の上でメダルを手に、そろって満面の笑みを見せた。

 13日はスピードスケート男子1500メートルで小田卓朗(25)=開発計画研究所=が5位に入った。スノーボード女子ハーフパイプ(HP)の決勝は、2017年世界選手権銀メダルの松本遥奈(はるな)(24)=クルーズ=が6位、冨田せな(18)=新潟・開志国際高=は8位だった。

 男子HP予選も行われ、14年ソチ五輪銀メダルの平野歩夢(19)=木下グループ=ら3人が予選を通過した。ソチ五輪銅メダルの平岡卓(22)=バートン=は予選で敗退した。

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]