メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO

インフル、北半球で大流行 各国に対応要請

 世界保健機関(WHO)報道官は13日、北米、欧州など北半球の温帯域でインフルエンザが大流行し、東アジアでは中国などで流行が拡大しつつあると明らかにした。ジュネーブで記者会見した。日本でも大流行が続いている。

     報道官はいくつかの国では入院や緊急医療の機能が限界に達しているとの報告があるとして、各国政府に必要な対策を取るよう要請した。

     報道官によると、流行しているウイルスは3タイプで、ともにA型のH1N1型とH3N2型、さらにB型。最も流行しているタイプは国や地域により異なるという。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 北陸大雪 あわら温泉旅館 キャンセル2695件
    2. ストーリー 72年前の母を追って 被爆写真の少女、身元判明
    3. ORICON NEWS 木村拓哉・山口智子、『ロンバケ』以来22年ぶり再共演に喜びのハグ 『BG』で元夫婦役
    4. 米フロリダ乱射 銃規制求める高校生 政治の無策に怒る 現場の映像、SNSで拡散
    5. 秩父市議 「いい女を求めるならば……」 委員長辞任

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]