メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

鳥栖のフィッカデンティ監督、来季続投が決定…就任3年目を迎える

情報提供:サッカーキング

今シーズン、フィッカデンティ監督率いる鳥栖は8位でシーズンを終えている [写真]=Getty Images
 サガン鳥栖は、マッシモ・フィッカデンティ監督との契約更新を発表した。来シーズンも同監督が鳥栖の指揮を執ることになる。13日付でクラブの公式サイトが伝えた。

 フィッカデンティ監督は1967年生まれの現在50歳。イタリア出身の監督でイタリアでは当時、日本代表DF長友佑都が在籍していたACチェゼーナやカリアリ・カルチョなどを指揮した経験を持つ。2014年にFC東京の監督に就任し、明治安田生命J1リーグで指揮をとり始めた。体制2年目の2015年シーズンではFC東京を最高勝ち点、最高タイの年間順位4位に導くなど、チームの躍進に大きく貢献している。

 2016年より鳥栖の監督に就任し、今シーズンはJ1リーグを8位の成績で終えている。来シーズンで就任3年目を迎えるフィッカデンティ監督は意気込みをコメントした。

「この2年間、常に最大のサポートと強い信頼を与え続けて下さった竹原社長と共に、就任当初から掲げている“鳥栖が頂に”というプロジェクトをさらに先に進めていくために、3年目となる2018シーズンもこのチームをより高い位置に導くという強い決意を持って取り組みます。サガン鳥栖を愛する皆さま、共に戦いましょう」

【関連記事】
●今年はJリーグ史上初の金曜開幕! 開幕戦のカード発表…J1王者・川崎は敵地で磐田と
●横浜FMが4選手との契約を更新…昨季J1全試合出場のGK飯倉大樹ら
●鹿児島にFWキリノが加入、2年ぶりにJ復帰…「いざJ2へ!」と抱負
●鳥栖、GK権田とMF水野との来季契約更新…権田「全力を尽くします」
●横浜FMの“10番主将”齋藤学、川崎へ完全移籍!「また一から自分を作っていきたい」

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」
  2. 市立秋田商 受験生母にキスは元レスリング五輪選手
  3. 平昌五輪 小池知事「平壌五輪になりつつある」
  4. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
  5. 徳島県教委 修学旅行中に風俗利用 男性教諭を懲戒免職

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]