メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

レアル主将のセルヒオ・ラモス、エースの去就は「本人に聞いてくれ」

情報提供:サッカーキング

クリスティアーノ・ロナウドの去就について問われたセルヒオ・ラモス [写真]=Getty Images
 レアル・マドリードのキャプテンを務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、クラブ周辺の話題について口を開いた。14日に行われたロシア代表との国際親善試合後のインタビューを、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 スペインのテレビ番組『エル・チリンギート』は同日、「クリスティアーノ・ロナウドがレアル退団を決断した」と報道。C・ロナウドは契約更新のオファーを拒否し、フロレンティーノ・ペレス会長に退団の意向を伝えたと噂されている。このニュースに関してコメントを求められたS・ラモスは、「C・ロナウド本人に聞いてくれ。こういう話は自分から遠いところにあるんだ」と返答。報道について自身は肯定も否定もできない立場にあることを強調した。

 またS・ラモスは、レアル・マドリードが今冬にも獲得に乗り出すとされる同国代表GKケパ・アリサバラガ(アスレティック・ビルバオ)について、「彼は素晴らしいGKだ」とコメント。賛辞を贈ったものの、補強の可能性については「今後どうなるか何が起きるかを見てみる必要がある。シーズンは長いんだ」と語り、明言を避けた。

 レアル・マドリードは、今回の代表ウィークが明けると再び過密日程に突入。12月23日に行われるバルセロナとの“エル・クラシコ”まで、週2試合のペースで試合をこなしていく必要があり、12月中旬には、欧州王者としてFIFAクラブワールドカップUAE 2017にも参加する。タフな戦いが続くことについて、S・ラモスは「難しい試合が続くが、それもサッカーの醍醐味だ」とコメント。その上で、「まずは(アトレティコ・マドリードとの)ダービーマッチがあるし、1試合1試合進んで行くべきなんだ」と、目の前の試合に集中することの必要性を説いていた。

(記事/Footmedia)

【関連記事】
【動画】日本代表、世界ランク5位のベルギーに善戦も1ゴールに散る
●ハリル、欧州遠征2連敗も「結論が出せた」…守備に満足感、次の段階へ
●前向きな要素もあったが…川島永嗣が指摘「W杯本番だったらやられていた」
●浦和が柏木陽介と契約更新! 他クラブからオファーも「浦和への愛情がまさった」
●岡山、長澤徹監督との契約更新を発表…就任3年目の今季は現在14位

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
  2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
  3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
  4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
  5. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]