メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米司法長官

偽証の疑いも 対露接触「忘れていた」

セッションズ米司法長官=ロイター共同
米下院司法委員会の公聴会で証言するセッションズ司法長官=ロイター共同

 セッションズ米司法長官は14日、下院司法委員会の公聴会で、ロシア政府による昨年の米大統領選干渉疑惑について証言した。トランプ陣営の元外交顧問が昨年春、トランプ氏とロシアのプーチン大統領の面会を提案した事実を隠していたことを追及され「忘れていた。メディア報道で会話を思い出した」と釈明した。

     セッションズ氏は6月の前回公聴会でトランプ陣営とロシア側の接触について「認識していない」と断言。今回も「真実しか述べていない」と主張したが、次々と変遷する証言内容に偽証の疑いが浮上している。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    5. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]