メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

小学校などで銃乱射、4人死亡 容疑者射殺 加州

銃撃事件が発生し、規制線が張られたランチョ・テハマ地区=2017年11月14日、AP

 【サンフランシスコ長野宏美】米メディアによると、米西部カリフォルニア州北部テハマ郡の小学校を含む数カ所で14日朝、男が銃を乱射し、4人が死亡した。児童2人を含む少なくとも10人が負傷し、男は警察に射殺された。AP通信は、捜査当局者の話として、男が子供を撃とうとして学校に侵入を図ったが、職員が建物を封鎖して阻止したと報じた。

 小学校の児童や職員に死者はいない模様。保安カメラの映像などによると、男は約6分間にわたり学校施設に発砲を続けたという。ロサンゼルス・タイムズ紙は、銃声を少なくとも100発以上聞いたという住民の声を伝えている。

 容疑者の隣人らは事件の前日、家庭内暴力の通報をしていたという。隣人の一人は、容疑者が最近「何百発も発砲しており、我々を脅していた」と地元紙に語った。

 捜査当局によると、男は午前8時ごろ、周囲の家や車に発砲し、子供を学校に送るため車を運転していた女性が重傷、男児が軽傷を負った。小学校でも発砲し、車で逃走中に射殺された。警察は現場から半自動式ライフルと拳銃2丁を回収した。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
  2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
  3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
  4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
  5. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]