メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

年1.4%増、7四半期連続プラス 7~9月期

 内閣府が15日発表した2017年7~9月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.3%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で1.4%増だった。プラス成長は7四半期連続。ただ、伸び率は前期(年率換算2.6%増)から縮小した。個人消費が7四半期ぶりにマイナスとなった一方、好調な輸出が下支えしてプラス成長を維持した。

     実質GDPが7四半期以上、連続で増加するのは、IT景気と重なり8四半期連続でプラス成長した1999年4~6月期から01年1~3月期以来、約17年ぶり。物価変動を反映した名目GDP成長率は0.6%増、年率換算2.5%増で、2四半期連続で増加した。

     実質GDPの内訳を項目別に見ると、天候不順などが影響した個人消費は前期比0.5%減。飲食サービスが減少したほか自動車やスマートフォンの販売も低調で、前期比0.7%増と高水準だった4~6月期の反動もあった。

     公共投資も2.5%減と3四半期ぶりに減少した。前期(5.8%増)が好調だった反動や、16年度第2次補正予算による押し上げ効果が薄れたためとみられる。住宅投資も0.9%減と7四半期ぶりに減少。低金利を背景に、これまで好調だった戸建て住宅や貸家の着工が減少したのが響いた。

     設備投資は0.2%増と前期(0.5%増)から伸びが鈍ったものの、4四半期連続でプラスを維持した。船舶などの投資が好調だったとみられる。

     一方、輸出は1.5%増と2四半期ぶりのプラスとなった。米国向けの自動車輸出が伸びたほか、中国やアジア向けの電子部品関連の輸出が増加した。輸入は、中国からのスマートフォンの輸入減などで、1.6%減と5四半期ぶりに減少。その結果、輸出から輸入を差し引いた「外需」は2四半期ぶりに増加し、成長率を0.5%分押し上げた。【井出晋平】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 慰安婦像 安倍首相「受け入れ拒否を申し入れた」
    2. FRESH CAMPUS CONTEST 2017 名古屋外大の大脇有紗さんが“日本一可愛い新入生”に
    3. 詐欺容疑 カツ丼平らげ「無銭飲食しました」自ら110番
    4. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕
    5. ジンバブエ 副大統領を解任 後任に大統領の妻就任へ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]