メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

一時2万1000円台

 13日の東京株式市場は、国内外の景気拡大への期待から買い注文が優勢となり続伸。日経平均株価は一時、前日終値比70円超値上がりし、取引時間中としては1996年12月以来約20年10カ月ぶりに2万1000円台を回復した。

     取引開始直後から、国内企業の業績改善を期待した買い注文と、12日の米株式市場の下落などを受けた売り注文が交錯していたが、次第に値を上げ、2万1000円の大台を突破した。

     日経平均は2日から12日まで8営業日続伸中で、12日には取引時間中としては約20年10カ月ぶりの高値をつけていた。

     東京外国為替市場は、1ドル=112円台前半と円安基調を維持している。【岡大介】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 スピードスケートの住吉都さんが死去 ソチ五輪代表
    2. 宮部行範さん死去 48歳早過ぎる死 関係者も驚き隠せぬ
    3. 人気声優の死 異常なしがEBV感染症…難病指定訴え
    4. 大雪 乗らなきゃよかった首都高 山手トンネルで立ち往生
    5. 群馬 草津白根山が噴火 スキー場で雪崩、4人被害か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]