メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共産・志位委員長

衆院3補選共闘 民進に「協議を」

共産党の志位和夫委員長=後藤由耶撮影

 共産党の志位和夫委員長は14日の記者会見で、10月22日投開票予定の衆院3補選に関し、「野党統一候補を擁立するための協議の場を作ってほしいと民進党に提起している。早く態勢を作りたい」と述べた。共産党は3補選全てで既に公認候補を擁立。民進党は青森4区と愛媛3区で候補を決めており、前原誠司代表に協議を迫った形だ。

     候補一本化を巡っては、共産党の小池晃書記局長が13日の東京都内での講演で「共通の政策、旗印での政治的合意が必要だ」と述べ、民進党との一定の政策合意が不可欠だとの認識を示している。【光田宗義】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
    2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
    3. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星
    4. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
    5. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]