メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー 浦和奇跡4強!4発逆転 第1戦1-3から“J対決”制した(スポニチ)

ACL決勝T準々決勝・第2戦 浦和4-1川崎F(2017年9月13日 埼玉)

 ACL準々決勝の第2戦1試合が13日に行われ、浦和が川崎Fを4-1で下し、2戦合計5-4として08年以来の4強入りを決めた。9月27日、10月18日の準決勝では1次リーグでも対戦した上海上港(中国)と対戦する。第1戦に1-3で敗れた浦和は前半に先制点を献上。しかしFW興梠慎三(31)が前半35分、ACL日本人最多記録を更新する18得点目となる同点ゴールで反撃。直後に退場者を出した川崎Fを押し込み、後半に3得点。2戦合計で逆転した。

     「奇跡の逆転劇」を完結させるループ弾がGKの頭上を越えた。後半41分。高木の左足が森脇のクロスを捉えた。「正直、100%狙ったとは言い切れない」。完璧な当たりではなかったが、それが奏功した。第1戦(1-3)から2戦合計で逆転に導く4点目。ゴール裏は「We are Reds」の大合唱だ。高木は「今までで一番気持ち良かった」と全身で浴びた。

     中盤には「浦和の太陽」が戻ってきた。8月23日の第1戦のアップ中に左脚付け根部分を肉離れした。「爆弾を抱えてる。でも、ここに間に合わせるよう準備してきた」と柏木。練習ではセットプレーのキックを3本蹴っただけで5戦ぶりの公式戦ピッチに立った。強行出場だった。1-1の後半25分にCKでズラタンのヘッド弾を、同39分には縦パスでラファエル・シルバのゴールを立て続けにアシスト。高木の4点目の起点にもなった。2アシストを含む3得点に絡みマン・オブ・ザ・マッチに輝いた。

     前半19分に“致命傷”とも言える先制点を奪われ、90分間で勝つためには4点が必要になった。選手の脳裏に浮かんだのは出場停止の武藤、右膝痛を抱える宇賀神が、前日にスタッフらとともに早朝のJR浦和駅前で試合告知のチラシ配りに汗を流していた姿。「ピッチ外でも戦ってくれた」と槙野。下を向く者など一人もいなかった。

     準決勝はブラジル代表のオスカル、フッキらを擁する上海上港と激突する。1次リーグでは1勝1敗。槙野が「第1戦が大事。アウェーゴールを奪ってきたい」と言えば、西川は「クラブW杯に出場して(北中米代表パチューカの)本田選手と対戦したい」と話す。10年ぶりのアジア制覇へ、強いレッズが帰ってきた。

     《2戦連続の逆転勝利は史上初》ホーム&アウェーで施行された決勝トーナメントで、第1戦の2点ビハインドをはね返し逆転勝利したのは今回の浦和が6回目。浦和は決勝トーナメント1回戦・済州戦でもアウェー0-2→ホーム3-0で逆転。最大逆転差勝利を2回、それも2戦連続は史上初だ。前半19分に川崎Fに先制されたがこの時点で3点ビハインド。第2戦で瞬間的にでも3点を追うチームが逆転したケースは過去になく、「ACL史上最大の逆転劇」となった。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日馬富士暴行 リモコン、灰皿で殴打 個室モンゴル勢のみ
    2. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
    3. 財政審 「特例給付」廃止を提案 子育て対策充当に
    4. 日馬富士暴行 任意聴取で認める 診断医師は重傷否定
    5. クローズアップ2017 日馬富士関暴行 「キレた横綱」混迷 証言食い違い/報告遅れ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]