メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空飛ぶパンプキン

収穫最盛期 北海道・長沼

収穫が続く「空飛ぶパンプキン」=北海道長沼町で2017年9月、梅村直承撮影

 ビニールハウスの骨組みを使い、空中にカボチャを実らせる「空飛ぶパンプキン」の収穫が、北海道長沼町で最盛期を迎えた。

 地面に触れないため、形や色を均一に整えやすく、食味のばらつきがないのが特徴。考案した農業資材販売の「新生商事」(岩見沢市)の農場のほか、空知地方の農家7軒で生産する。収穫は20日ごろまで続き、約1万個を出荷する予定だ。【梅村直承】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草なぎ剛 「新しい可能性を信じて努力したい」 “今年最も輝いた男性”に喜び
  2. 女性議員の産休 公表で批判続々 前例少なく制度整備遅れ
  3. 大相撲九州場所 白鵬自ら「物言い」 軍配変わらず初黒星
  4. 首相 「籠池被告は詐欺を働く人物」 法曹関係者が批判
  5. 「森友」検査院報告 解明、あとは首相「誰が得、究明を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]