メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

110円半ばで取引

 13日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=110円半ばで取引された。米長期金利の上昇を受けて日米の金利差拡大が意識され、ドルを買って円を売る動きが優勢となった。

     午後5時現在は前日比30銭円安・ドル高の1ドル=110円43~53銭。ユーロは1ユーロ=1.1881~91ドル、131円28~38銭だった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 東京03・豊本明長&ミス・モンゴル、初夏に結婚していた 妊娠も発表
    2. 大阪府警 20代の女性職員、キャバクラで勤務 処分検討
    3. 上野パンダ 名前はシャンシャン(香香)
    4. 改正刑法 女性から女性の性暴力置き去り
    5. あだち充総選挙 1位は浅倉南 判別困難で誤植も…

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]