メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日航機墜落32年

「慰霊の園」260人が黙とう

慰霊の園で墜落時刻の午後6時56分に合わせて黙とうする遺族ら=群馬県上野村で2017年8月12日午後6時55分、和田大典撮影

 520人が犠牲になった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から32年を迎えた12日、群馬県上野村の墜落現場「御巣鷹(おすたか)の尾根」のふもとにある「慰霊の園」で追悼慰霊式が営まれ、遺族や日航関係者ら260人が参列した。犠牲者と同じ数の520本のろうそくに灯をともし、墜落した午後6時56分には黙とうをささげた。

 慰霊式の前に、御巣鷹の尾根で献花した日本航空の植木義晴社長は「32年がたち、事故後に入社した社員が94%を占めるようになった。社員としてこの事故を経験したのはたった6%だが、事故を風化させることなく事実をしっかりと心に刻み、安全運航に全力を尽くしていく」と述べた。

 日航によると、この日は97家族359人(午後4時現在)が慰霊登山で御巣鷹の尾根を訪れた。今年は三十三回忌の節目ということもあり、過去3番目の多さ。最多は事故後30年(2015年)の106家族406人だった。【杉直樹、神内亜実】

 【ことば】日航ジャンボ機墜落事故

 1985年8月12日午後6時56分、羽田発伊丹行きの日本航空123便が群馬県上野村の山中に墜落し、520人が死亡、4人が重傷を負った。単独機の事故では航空史上最悪の死者数。運輸省航空事故調査委員会(当時)は87年の最終報告書で、ボーイング社の修理ミスを遠因とする圧力隔壁の破壊が原因と結論づけた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リニア不正受注 鹿島と清水建設の2社を捜索
  2. 彦摩呂 1時間で12回「無呼吸状態」 血管に大きな負担で「突然死」のリスクも?
  3. 大宮風俗店火災 市消防局と埼玉県警が合同で現場検証
  4. 殺人未遂 車で警官引きずり逮捕 職質中に急発進 海老名
  5. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]