メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島・阿波踊り

「ヤットサー」開幕 英語アナウンスも

阿波踊りが開幕し、軽快なリズムに乗って踊る踊り手たち=徳島市で2017年8月12日午後7時1分、貝塚太一撮影

 徳島の夏を彩る阿波踊りが12日、開幕した。徳島市中心部では15日までの4日間、笛やかねが奏でる軽快なリズムが鳴り響き、そろいの法被や浴衣を身にまとった踊り手たちの熱気に包まれる。実行委員会は昨年並み(120万人以上)の人出を見込んでいる。

 期間中、延べ約850の「連」と呼ばれる踊りグループが繰り出し、特設の演舞場や街角で踊り込む。徳島市役所前(同市幸町)の演舞場で開幕が宣言されると、「ヤットサー」のかけ声とともに、踊り手たちは腰を低く落として踊る男踊りや、手を高く挙げる女踊りを披露した。

 訪日外国人の増加を受け、市役所前の演舞場では今年から、英語によるアナウンスを始めた。【松山文音】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. リニア不正受注 鹿島と清水建設の2社を捜索
  2. 彦摩呂 1時間で12回「無呼吸状態」 血管に大きな負担で「突然死」のリスクも?
  3. 大宮風俗店火災 市消防局と埼玉県警が合同で現場検証
  4. 殺人未遂 車で警官引きずり逮捕 職質中に急発進 海老名
  5. リニア大林組捜索 業界に衝撃 工費9兆円、巨大な利権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]