メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

前米首席補佐官の聴取を要請

トランプ米大統領=ロイター、共同・モラー特別検察官=AP、共同

 米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は12日、昨年の大統領選を巡るロシア干渉疑惑を捜査しているモラー特別検察官が、プリーバス前大統領首席補佐官らの聴取をホワイトハウスに要請したと報じた。プリーバス氏は7月下旬に更迭されたばかりで、トランプ大統領周辺から懸念の声が出ている。

     モラー氏は、トランプ氏が5月にコミー前FBI長官を解任した決定の経緯にも関心を示しており、大統領による「司法妨害」に関する捜査も進んでいるもようだ。

     モラー氏はホワイトハウスに対し、複数の現職・元職の高官の聴取と、特定の会議の参加者リストや記録の提出を要請している。

    (共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 窃盗容疑 元世界陸上代表を逮捕 栃木県警
    2. 犯罪被害者 「加害者の逃げ得、理不尽」半身まひ男性
    3. しくじり先生 テレ朝の人気バラエティーが今秋終了 3年の歴史に幕
    4. 夏の高校野球 春夏連覇狙う大阪桐蔭 智弁和歌山降す
    5. 明石家さんま 小出恵介が号泣謝罪、ラジオで明かす 「申し訳ないと…」(スポニチ)

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]