メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

候補作、芥川賞は4人、直木賞は5人

今村夏子さん
柚木麻子さん

 日本文学振興会は第157回芥川・直木賞の候補作を発表した。芥川賞は戦後最少となる4人、直木賞は5人がノミネートされた。選考会は7月19日、東京都内で開かれる。

 芥川賞は今村夏子さんと古川真人(まこと)さんが2回目の候補。今村さんは三島由紀夫賞を受賞している。古川さんは昨年、新潮新人賞を受賞しデビューした。

 初候補のうち温又柔(おん・ゆうじゅう)さんは台湾・台北市生まれで3歳から東京在住、2009年にすばる文学賞佳作を受賞。沼田真佑さんは今年の文学界新人賞を受賞したデビュー作が候補入りした。

 直木賞は初候補の佐藤巌太郎さん、佐藤正午さんを含め、実力派が並んだ。

 正午さんはデビュー30年を超え、「鳩の撃退法」で山田風太郎賞受賞のベテラン。宮内悠介さんは前回の芥川賞候補から一転、3回目の直木賞候補。境界をまたいで活躍する。柚木麻子さんは「ナイルパーチの女子会」で山本周五郎賞受賞の人気作家。木下昌輝さん、巌太郎さんは歴史・時代小説の注目株だ。【鶴谷真、内藤麻里子】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 忘れゆく国で 戦後72年/6 「ナチス」旗、格好良い スタジアムで振り処分 痛み想像する力欠く
  2. ヒグマ 全身白い個体数回目撃 アルビノか 北海道・下川
  3. カワウソ 判定作業は困難 琉球大、長崎・対馬で発見 慎重に調査
  4. スペイン バルセロナでテロ 歩道に車突入 13人死亡
  5. 韓国 光復節演説 文氏、日本の努力評価 日韓関係、徴用工「解決」にも言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]