メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

井岡、5度目防衛へ 23日ダブル世界戦

 プロボクシングのダブル世界タイトルマッチが23日、エディオンアリーナ大阪で行われる。世界ボクシング協会(WBA)フライ級王者で5度目の防衛を目指す井岡一翔(井岡)は、同級2位のノクノイ・シットプラサート(タイ)と対戦。勝てば、具志堅用高の国内男子世界戦最多勝利数14に並ぶ。世界ボクシング機構(WBO)バンタム級6位で世界初挑戦の大森将平(ウォズ)は、同級王者のマーロン・タパレス(フィリピン)に挑む。

    井岡-ノクノイ

     井岡の優位は揺るがない。相手の動きを見極めながら多彩なパンチを打ち分け、ペースをつかむだろう。右ストレートが武器のノクノイは61連勝中ながら、30歳で初の世界戦。経験の差も歴然としており、井岡の4連続KO防衛の可能性は高いとみる。戦績は井岡が21勝(13KO)1敗、ノクノイが62勝(38KO)4敗。

    大森-タパレス

     2015年12月に対戦した際は、タパレスが二回TKO勝ち。その試合でプロ唯一の黒星を喫した大森は、パンチを打ち終わった後の動き方など防御技術を磨いてきた。王者はスピードがありカウンターも脅威だけに、距離を取りながら後半勝負に持ち込みたい。戦績は大森が18勝(13KO)1敗、タパレスが29勝(12KO)2敗。

      ◇  ◇

     21日は大阪市内の病院で予備検診があり、4人とも異常なしと診断された。井岡は身長で7.3センチ、リーチで3.3センチ、大森も身長で9.7センチ、リーチで9.5センチ相手を上回った。【坂本太郎、田中将隆】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 大阪・殺人未遂容疑 「たまたま会って口論」65歳男逮捕
    2. ORICON NEWS 板野友美、男性の好みは中身重視「自信と芯のある人」
    3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
    4. メキシコ 土中に240遺体 麻薬犯罪被害か
    5. 共謀罪 新宿で廃止求める街宣活動

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]