メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

恐竜博物館

1億2000万年前 最古のスッポンの化石

福井県勝山市の断層から発見された約1億2000万年前のスッポンの化石=福井県勝山市の県立恐竜博物館で2017年4月21日、立野将弘撮影

 福井県勝山市の県立恐竜博物館で来月7日まで約1億2000万年前のスッポンの化石が展示されている。博物館の研究員らが今月中旬、専門誌(電子版)に発表した論文では「同種化石では世界最古」としている。

     2002~10年の調査で同市の恐竜化石が発掘される地層で見つかった。肩や骨盤の一部などで、現在生息するものとほぼ同じ形という。

     研究員らは東アジアから世界に広がったことを裏付ける発見としており、「日本の化石研究が世界的な価値を示した」と興奮気味。入館者の心もスッポンのようにつかんで離さない?【立野将弘】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. シングルマザー 3人に1人「クリスマスなければいい」
    2. 名古屋大 尿検査で5種類のがん発見 早期治療に期待
    3. トーク 妥協なき挑戦積み重ね 2度目の上方漫才大賞 海原やすよ ともこ
    4. 食中毒 校庭の植物で 男児2人、キョウチクトウ食べ 高松 /香川
    5. ORICON NEWS “余命3ヶ月”宣告の大林宣彦「あと30年は映画を作る」 “がん”を一喝「もっと利口になりなさい」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]