メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情報機関襲撃、2人死亡 ハバロフスク

=共同

 ロシアの情報機関、連邦保安局(FSB)の極東ハバロフスクの庁舎に21日午後、何者かが押し入り、来庁者用の待合室で発砲、職員1人と来庁者1人が死亡した。FSBは容疑者について、地元出身の1999年生まれの少年で、ネオナチ団体に所属していたと説明。少年はその場で殺害された。ロシアメディアが報じた。

     ロシアの情報機関で発砲事件が起きるのは異例。死亡した来庁者は旧ソ連圏出身の外国人で、当時待合室にいた別の来庁者1人も負傷した。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 埼玉・車転落 衝撃でエアバッグ作動?前見えず 4人死傷
    2. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
    3. フィギュア 村上佳菜子が引退表明「今後はプロで恩返し」
    4. 陸上自衛隊 戦車が市街地パレード 香川
    5. 中居正広 香取慎吾に「子供いたんだって?」 スマステでSMAP解散後初共演

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]