平地修

平地修

毎日新聞経済部副部長

1968年北九州市生まれ。早稲田大学法学部卒。92年毎日新聞に入社。西部本社筑豊支局、熊本支局、福岡報道部、西部本社経済部を経て、05年に東京本社経済部。金融や財政、エネルギーや通商政策などを担当。11年10月にワシントン特派員として赴任。14年10月に帰国し、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉の取材などに当たる。15年5月から現職。

イチ押しコラム

世界透視術
配達用の電動三輪車に荷物を載せる宅配員ら=北京市で2017年12月7日、河津啓介撮影

北京「低端地区」から消えた数万の労働者と国策地上げ

 ミャンマーの少数民族ロヒンギャは、数十万人が治安部隊に家を焼かれ土地を追われ、国連が「民族浄化」の疑いありと警告している。中国の…

知ってトクするモバイルライフ

秘策はあるのか「楽天」第4の携帯事業者参入の勝算

 楽天が、携帯電話事業者として新規参入することを決めた。 総務省は新たに1.7ギガヘルツ帯/3.4ギガヘルツ帯の周波数を、2018…

職場のトラブルどう防ぐ?

「飲み会強要はパワハラ?」38歳係長の悩み

 A輔さん(38)は中途入社10年目で、20代の部下3人を持つ企画部の係長です。部下とのコミュニケーションの取り方に悩んでいます。…

藻谷浩介の世界「来た・見た・考えた」
奇抜なデザインの光州松汀駅(写真は筆者撮影)

「韓国KTX」の融通無碍な始発駅・路線運用の賢さ

 ◇韓国高速鉄道編(1) 「飛行機に対抗できる都市間高速鉄道」というジャンルを、1964年開業の東海道新幹線が切り開いて半世紀。日…

メディア万華鏡
「開かれた新聞委員会」で議論する吉永みち子委員(左手前)ら=2017年10月11日、宮間俊樹撮影

「何でもかんでも両論併記」は言論空間をダメにする

 最近、「この問題で両論併記するのはおかしい」と感じることが多い。選挙でやたらに「公平公正」が叫ばれたせいかもしれない。 毎日新聞…