メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • 季語刻々 体からこころこぼれて花は葉に

       ◆今 ◇体からこころこぼれて花は葉に 池田澄子 「花は葉に」は桜が花から葉へと変わってゆくことを言う夏の季語。晩春から初夏への移りを示す、いわば動態的季語だ。…

      (2017年4月29日 02:32)

    • 季語刻々 白髪同士春を惜しむもばからしや

       ◆昔 ◇白髪同士春を惜しむもばからしや 小林一茶 一茶のこの句の現実的思考に賛成だ。老人が集まると、ついつい回顧談になって若い日を懐かしむが、むしろ、老いてゆ…

      (2017年4月28日 03:18)

    • 毎日文園俳句のつどい
      「仲間で高め合って」 前橋 /群馬

       「第39回毎日文園俳句のつどい」(毎日新聞前橋支局主催)が26日、前橋市千代田町2の前橋テルサであり、投稿者19人が出席した。選者の木暮陶句郎さんは「俳句は仲…

      (2017年04月27日 13:06)

    • 季語刻々 目を遠くして行く春を惜しみけり

       ◆今 ◇目を遠くして行く春を惜しみけり 武藤紀子 「目を遠くして」がいいなあ。このところの自分は、ついつい近場で用をすます。一種の老化現象だろうが、それだけに…

      (2017年4月27日 03:33)

    • 季語刻々 春愁や孤りと孤独とは違ふ

       ◆昔 ◇春愁や孤(ひと)りと孤独とは違ふ 田畑美穂女 季語「春愁」は春のぼんやりとした物思い。秋の「秋思」に対応した季語だ。今日の句、独りと孤独の違いにこだわ…

      (2017年4月26日 03:24)

    • ユネスコ無形文化遺産 俳句の登録めざす推進協議会設立

       「俳句」のユネスコ無形文化遺産登録をめざす推進協議会(有馬朗人会長)が24日発足した。東京都荒川区で開かれた設立総会には俳句4協会と同区、三重県伊賀市、松山市…

      (2017年4月25日 17:42)

    • 俳句 魅力発信したい ユネスコ登録推進協発足で伊賀市長 /三重

       伊賀市などが加入する「俳句ユネスコ無形文化遺産登録推進協議会」が24日、設立された。 東京であった設立総会に出席した岡本栄市長は「国際俳句交流協会の有馬朗人会…

      (2017年4月25日 12:04)

    • 季語刻々 春愁を上手に脱いでたたみけり

       ◆今 ◇春愁を上手に脱いでたたみけり 岡田耕治 たとえば中学生くらいの娘のしぐさ。愁い顔で戻ってきたのだが、脱いだコートをていねいに畳んだ。表情も春愁を脱ぎ捨…

      (2017年4月25日 02:56)

    • ユネスコ無形文化遺産 俳句の登録、推進協発足

       「俳句」のユネスコ無形文化遺産登録をめざす推進協議会(有馬朗人会長)が24日発足した。東京都荒川区で開かれた設立総会には俳句4協会と同区、三重県伊賀市、松山市…

      (2017年4月25日 02:55)

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ペン習字 「日ペンの美子ちゃん」完全復活 受講者3割増
    2. 東京メトロ 北朝鮮のミサイル発射情報で一時運転見合わせ
    3. 訃報 ヤフー前社長、井上雅博さん 交通事故で死去
    4. 和歌山電鉄 ニタマ駅長「電車乗って」
    5. 北朝鮮 「むかっとしてミサイル」元料理人に正恩氏発言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです