メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌壇・俳壇

  • 毎日歌壇 投稿フォーム
    • 詩歌の森へ 「昭和俳句」の軌跡=酒井佐忠

       今年の現代俳句協会創立70周年記念事業の一環として、『昭和俳句作品年表・戦後篇(昭和21年~45年)』が刊行された。2014年に出た「戦前・戦中篇」の続編。戦…

      (2017年3月27日 02:51)

    • 毎日歌壇 伊藤一彦・選

      ◎特選◎開演を告げる音降り舞台より華やいでいるわたしにあなた 津市 田中晶【評】二人で舞台鑑賞に来ているのだ。いよいよ開演、だが「舞台より華やいでいる」自分たち…

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日歌壇 加藤治郎・選

      ◎特選◎検索で出てきた写真それだけがわたしの世界のほとんどでした 小牧市 戸田響子【評】もはや自分だけの世界はないのか。インターネットの情報が全てを網羅する時代…

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日歌壇 篠弘・選

      ◎特選◎洪水のように溢れるカタカナ語独り合点がひとり歩きす 唐津市 仁部四郎【評】例えばイケメンは、優男(やさおとこ)として普及したが、英語のMENと「面」が合…

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日歌壇 米川千嘉子・選

      ◎特選◎亡き夫が子のため最初に買った本『ちいさなうさこちゃん』愛はシンプル 千葉市 吉田祥子【評】今も子どもたちに愛されるディック・ブルーナの絵本。その絵の鮮や…

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日俳壇 鷹羽狩行・選

      ◎特選◎さりげなき別れもありぬ鳥雲に 名古屋市 渡辺美智代【評】つらい別れもあるが、季節に繰り返す渡り鳥との別れのような「さりげなき」ものもある。前に島うしろに…

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日俳壇 大峯あきら・選

      ◎特選◎霾(つちふ)るや日輪けぶり月けぶり 東大阪市 三村まさる【評】昼も夜もいたるところ黄砂が降っている。昼は太陽がけぶり、夜は月がけぶって見える。綿雪の重た…

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日俳壇 小川軽舟・選

      ◎特選◎春水の讃歌となりて谿を出づ 嘉麻市 堺成美【評】山の根雪が解けて水嵩が増した。勢いよく谿を下る水の響きは、まさに自然の讃歌だ。寒晴の羽田の空の広さかな …

      (2017年3月27日 02:50)

    • 毎日俳壇 西村和子・選

      ◎特選◎堅雪を踏む音おかき食べる音 青森市 小山内豊彦【評】堅雪は雪国独特の現象。その上を歩いたことのない者にも、こんな音がするのかと明快に伝わる。谷底に落ちん…

      (2017年3月27日 02:50)

    詩の橋を渡って

    詩歌の森へ

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 選抜高校野球 2ケタ得点東海大福岡が初の8強 早実降す
    2. トレエン斎藤 アッコが怒!破局聞いてない!!(スポニチ)
    3. 雪崩 新雪で現場到着難航 「心配だ」家族ら不安募らせ
    4. 雪崩 高校生ら遭難6人心肺停止4人不明 栃木のスキー場
    5. 大相撲春場所 14日目 鶴竜の話

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです