メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マグロ

漁獲新規制を正式決定 熱帯のカツオは一部緩和

WCPFC年次会合閉幕後に記者会見する水産庁幹部ら=マニラで8日、共同

 フィリピン・マニラで開かれていた中西部太平洋マグロ類委員会(WCPFC)の年次会合は8日、閉幕した。太平洋クロマグロ漁獲枠を資源の回復見通しに応じて増減させる新規制を承認し、導入が正式に決まった。一方、熱帯海域でのカツオ漁獲規制は2018年に一部緩和することになり、強化を唱えた日本の意見はほとんど通らなかった。

     日本にとってクロマグロ規制を柔軟にする進展があった半面、近海での不漁の原因とみてカツオ巻き網漁の抑制を求めた点では熱帯域の島国をはじめ、他の全ての国から反対された。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」
    2. 児童手当 所得制限、世帯合算へ変更検討へ
    3. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
    4. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
    5. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]