メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実質賃金

10カ月ぶりプラス 給与総額も0.6%増

 厚生労働省が8日発表した10月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、物価の影響を加味した実質賃金は前年同月比0.2%増と10カ月ぶりのプラスになった。基本給や残業代などを合計した1人当たりの現金給与総額も0.6%増の26万8392円で、3カ月連続で増加した。

     物価の上昇率がこの半年で最も小さい0.3%にとどまり、給与総額の伸びを下回ったため、実質賃金が増加に転じた。基本給などの所定内給与は0.7%増の24万2365円、残業などの所定外給与は0.2%増の1万9765円だった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 米国 シアトルで列車脱線、高速道に落下 複数死傷か
    2. ホーム転落死 緑内障、視野限られ 薬剤師、出勤途中
    3. 関西50年前 【昭和42年8月23日】阪急梅田駅の新ホーム
    4. リニア不正 「南アトンネル」も調整か 鹿島部長を聴取
    5. 生活保護費 母子加算削減に怒り悲鳴「負の連鎖招く」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]