メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今シーズン2度目のクラシコ開催日時が決定…日本時間は4月24日早朝

情報提供:サッカーキング

前回の対戦はドローに終わった [写真]=Vladimir Rys Photography/Getty Images
 LFP(スペインプロリーグ機構)が20日、リーガ・エスパニョーラ第33節の開催日時を決定。レアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦”クラシコ”は現地時間4月23日の午後8時45分、日本時間では24日の午前3時45分から行われる。

 両チームの人気が高いアジア市場を意識し、最近は比較的早い時間にキックオフされることもあったが、今回は放映権の関係などから現地時間の夜に開催することとなった。

 昨年12月3日の第14節、バルセロナのホームで行われた前回の”クラシコ”は1-1の引き分けに終わった。第28節終了時点で1試合少ないレアル・マドリードは首位、バルセロナは勝ち点2差で2位につけているだけに、今回の対戦はタイトル争いの面でもさらに注目を浴びそうだ。

【関連記事】
●首位レアルを追うバルサ、ピケは逆転優勝に自信「差はわずかだ」
●バルサ指揮官、加入後初得点のA・ゴメスを称賛「将来、大事な選手に」
●メッシがゴールデンシュー争いをリード…シーズン最多得点者は誰だ
●マルセロ、レアルでリーガ284試合出場…クラブ歴代20位タイに
●S・ラモス、ビルバオ戦は強行出場だった?…試合48時間前に点滴

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2017欧州の岐路 仏大統領選、混戦模様 ルペン氏「フランス第一」 マクロン氏は「EU結束」
  2. 埼玉・車転落 衝撃でエアバッグ作動?前見えず 4人死傷
  3. 世界の雑記帳 米プロテニスの試合中近隣から「喘ぎ声」、選手は集中できず
  4. 特集ワイド 「あり得る」ルペン仏大統領 「自由・平等・博愛」どこへ ノスタルジーと排他性、日本に通底
  5. 爆発物騒ぎ 東京・秋葉原駅で 悪質ないたずらか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]