メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オランダ五回に同点打 準決勝、プエルトリコ戦

二回裏プエルトリコ2死、T・リベラが左越え本塁打を放つ=米カリフォルニア州ロサンゼルスのドジャースタジアムで2017年3月20日、久保玲撮影

 【ロサンゼルス細谷拓海】第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の準決勝1試合が20日、当地のドジャースタジアムで行われ、前回(2013年)準優勝のプエルトリコ(2次リーグF組1位)と同4強のオランダ(同E組2位)が対戦した。

 オランダは一回、ヤクルト所属のバレンティンの2ランで先制。プエルトリコは一回にコレアが2ラン、二回にT・リベラがソロ本塁打を放って逆転したが、オランダが五回にサラーガの適時二塁打で追いついた。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 忘れゆく国で 戦後72年/6 「ナチス」旗、格好良い スタジアムで振り処分 痛み想像する力欠く
  2. ヒグマ 全身白い個体数回目撃 アルビノか 北海道・下川
  3. カワウソ 判定作業は困難 琉球大、長崎・対馬で発見 慎重に調査
  4. スペイン バルセロナでテロ 歩道に車突入 13人死亡
  5. 韓国 光復節演説 文氏、日本の努力評価 日韓関係、徴用工「解決」にも言及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]