メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

保育士に不当な労働条件課す

私立認定こども園「わんずまざー保育園」=兵庫県姫路市飾磨区加茂で2017年3月19日、加藤敦久撮影

 定員を22人も超えて園児を受け入れるなどずさんな保育実態が明らかになった兵庫県姫路市の私立認定こども園「わんずまざー保育園」(小幡育子園長)が、保育士に対して「遅刻で罰金1万円」など不当な労働条件を課していたことが、同市の調査で分かった。市は労働基準法違反にあたる可能性があるとして、姫路労働基準監督署に報告した。

 同市と県が2月23日、同園に抜き打ちの特別監査に入った際、勤務していた保育士から市職員に話があったという。市によると、「遅刻すると給与から罰金1万円を取られる」「月給制なのに、祝日などがあった月は、日割り計算で給与を減額された」などと訴えたという。

 同園を巡っては、園児46人の定員に対し、市に隠して22人超過して受け入れていたほか、給食などの保育環境が劣悪だったとして、市と県が認定を今月中に取り消す方向で協議している。保育士の数も市に実際より多く報告し、給付金を受け取っていたことも判明している。【幸長由子】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 12日間限定! スタバ“幻のドリンク”が再登場
  2. 韓国 朴槿恵前大統領を逮捕
  3. ORICON NEWS 長州力『攻殻』バトーのコスプレ披露 2時間の特殊メイクに「大変でした」
  4. 世界フィギュア 宇野自己最高104.86点 2位発進
  5. うつ病退職 元社員を提訴した会社に110万円支払い命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]