メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訃報

秋山ちえ子さん99歳=評論家、ラジオで「談話室」

秋山ちえ子さん=尾籠章裕撮影

 放送ジャーナリストの草分けで、長寿番組「秋山ちえ子の談話室」(TBSラジオほか全国で放送)を40年以上続けてきた評論家の秋山ちえ子(あきやま・ちえこ、本名・橘川ちゑ=きっかわ・ちえ)さんが6日、東京都内の自宅で肺炎のため死去した。99歳。葬儀は近親者で営んだ。

 東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大)卒業後、国立東京聾唖(ろうあ)学校教諭を務め、結婚後中国へ。1948年、NHKラジオで「婦人の時間」などのリポーターを担当。市民の視点からの生活実感のある評論が評価され、54年にはラジオによるルポルタージュという新分野を開拓したとして第2回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。

 「秋山ちえ子の談話室」(当初は「昼の話題」)は57年9月にスタート。毎週月〜金曜日の10分弱のミニ番組ながら、日々の話題を分かりやすく説明し、時には鋭い批判も加えながら評論した。67年からは終戦記念日の8月15日に、東京・上野動物園で戦時中に餓死させられた象の物語「かわいそうなぞう」(土家由岐雄作・金の星社)の朗読を毎年続け、戦争の悲惨さを訴え続けてきた。

 著書に「大晦日のローストビーフ」「いぶし銀のように」「九十九歳の恋うた」など多数。菊池寛賞、東京都文化賞、エイボン女性年度賞などを受賞している。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市立秋田商 受験生母にキスは元レスリング五輪選手
  2. 南北合同チーム 韓国の若年層反発「これが国か」
  3. 平昌五輪 小池知事「平壌五輪になりつつある」
  4. 音楽家 小室哲哉さんが引退表明 不倫疑惑受けて
  5. 徳島県教委 修学旅行中に風俗利用 男性教諭を懲戒免職

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]